<transcy>SDGs / Fair Trade</transcy>

フェアトレードに関するよくある質問②

フェアトレードに関するよくある質問②

本日もお客様からよく頂くフェアトレードに関する質問にお答えしていきます! Q :”フェアトレード認証を取っていたり、フェアトレード団体に加盟していますか?”A:“あえてフェアトレード認証を取ったり、団体には属さず生産地域や生産物に合わせたフェアトレードの基準を作って商品作りを行っています”Girls, be Ambitiousは今のところは、フェアトレード認証などは取っていません。一方でWFTOフィリピン支部とフィリピンフェアトレードネットワーク監修に入ってもらい、客観的で公平な基準を作りっています。独自の基準を定める事で、フィリピンの地域の特徴やモリンガ・ココナッツオイルの植物の特徴を生かしたフェアトレードを行い、きちんとフィリピンに根ざしたフェアトレードができると信じています。

フェアトレードに関するよくある質問

フェアトレードに関するよくある質問

5月14日は世界フェアトレードデーということで、今週はお客様からよく頂くフェアトレードに関する質問にお答えしていきます。長文ですが、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。Q :”なぜフェアトレードの基準で商品作りをしているのですか?”A:“環境や持続可能なものづくりの為だけでなく、お客様に安心・安全な商品を届けることが出来、自分たちのビジョンの実現に不可欠な基準だからです”Girls, be Ambitiousは2012年に始まったブランドですが、その構想がスタートしたのは2004年に弊社代表の番匠がフィリピン・東サマール州でのボランティアに参加したところから始まります。番匠が魅力的に感じたフィリピンは、昔から根付くハーブやスーパーフードを使った植物療法や美容法があり、心の豊かさを持つ人々がすみ、満点の星空や美しい海などの豊かな自然がある場所でした。一方で、貧困を初めとする様々な社会問題も同時に存在するフィリピンで、「フィリピンの魅力を伝えたい」「フィリピンの貧困問題を改善したい」という想いからGirls, be Ambitiousが生まれました。その想いをきちんと叶えられるのがフェアトレードの考え方でした。フェアトレードは、途上国の雇用を生み出し、環境を守る基準であるだけでなく、顔の見える生産者の想いも含めて商品をお客様に届けられる仕組みです。この仕組みがあるからこそ、Girls, be Ambitiousはお客様に安心・安全な商品を届けることができ、また自分たちのビジョンの実現に向かっていけると信じています。